台湾ヌキ事情

台湾風俗事情

 

台湾の風俗営業なのですが、台湾に出張にこられるサラリーマンの方や台湾旅行にいらっしゃる男性の皆様が気になるのは台湾の夜の情事、つまりヌキ事情。

台湾は風俗など女性に絡む産業は基本的に認めておりません!

しかし、せっかく台湾に旅行や出張に来たのならば少しぐらい羽目を外したくなるのが男の性。

当店は観光旅行や海外出張者相手の観光バーなのですが、ちょくちょく男性のお客様やグループの方々によく聞かれることも多くなりました。

初めて、台湾にこられるとやはり外国なので、不安も多く戸惑うこともしばしばあるので、林森北路事情をシュガーボックスで調べてから夜の街に遊びに行かれます。

そこで、今回はちょっとお役立ちできるかわかりませんが情報提供。

台湾風俗林森北路では?

 

リンセンペールでは女性のお持ち帰りは基本的に禁止となっております。

台湾では特別特区での風俗営業は合法としましたが、その特区で営業する人はおりません。

つまり、そこでは性サービスをしてもかまわないとのことなのですが、現在でもそこで営業しているお店はございません。

日本人街の林森北路は特別特区ではないため性サービスは出来ないのが台湾です。

風俗営業の場合、飲み屋、例えばスナック、キャバクラ、クラブなどのお店を指します。

普通の飲み屋がそれに該当しますし、当然、抜きなどの風俗営業はご法度です。

これは、台湾の法律がそのようになっており、日本で言うソープランドやヘルスなどピンク風俗が禁止されているからです。

台湾風俗を楽しみたい!

 

 

その国ぐにでは悪いこととはわかるのですが、すれ違う台湾美人を目の当たりにしてしまうとやはり夜遊びしたくなりますよね!

台湾の女子はほんとに可愛い子が多いし化粧も大陸中国とは違いファッションもオシャレ!

台湾のかわいい女の子と出会いをこっそりと求めるならやはり、安心して遊べるお店選びが大事になってきます。

秘密を守ってくれて理解してくれるお店選びが大事です。

どの国でも風俗イコール客引き

 

客引きのポン引きさんが日本語で話しかけて来ました。

あなたは信用しますか??

夜遊びしようと林森北路にくる日本人観光旅行者は多いのですが、

外国の台湾ともあり気分ものりのり。

どこで遊ぼうか?とお店選びをしているさなか、台湾人が流暢な日本語を話しかけてくると、なんとなく嬉しくなって警戒心がなくなるのが日本人の特徴です。

しかし、いくら上手な日本語を話しても日本人は飯の種いがいの何者でもないのです。

彼らはその日その日の保証のない紹介料が稼ぎの収入。

たしかに親身になってお店を紹介してくれるポン引きもいますが、そんな人はごく一部です。

住所も知らない、名前も知らない、生まれもしらないあかの他人です。

客引きさんと交渉が決まるお決まりの日本人観光旅行者の決め台詞は

なら信じるからちゃんといいとこ紹介してね!

ほいほいその日その時あった客引きについていき騙されたと気づいてももう後の祭り。

楽しい台湾旅行のつもりが、、、

よくよく考えてくださいませ。

台北のたちんぼ

 

林森北路でもタチンボがいるのですが、正直、お店に入店もできない子が多く、最近では30代の女性が目立ちます。

つまり、問題ありの可能性が高いです。

性病の検査も受けれない子も多く料金も客をみて決めるスタイル。

その日暮らしで夜な夜な街に繰り出しお客を引きます。

昔は可愛かったんだろうな?と感じる女の子もいるのですが、信用面から考えてもらえればいいかと思います。

ホテルに行ったはいいが、財布からお金を抜かれることもありますし、変な薬を売られそうになたりとあまりいい話は聞きません。

ここで店舗を構えてしっかりと商売をしているのでなんとも言えませんが、あまりおすすめは・・・・・しません。

台湾風俗でのトラブルの原因

 

やはり台湾旅行で風俗関係での一番のトラブルは言った言わないのいわゆる言葉の壁です。

キャッチとのトラブルは客引きが言った金額と店舗側の金額が合わずに泣き寝入りする場合とか、

フリーの客引きの女の子にお金を抜かれたとかつつもたせにあったとかきりがありません。

やはり、お金に絡む問題が多いので、十分気をつけてくださいませ。

折角、楽しくしたくともこんなトラブルにあったら残念な思い出にしかならないですよね!

是非、情報収集してお友達との台湾旅行を満悦してくださいませ。

 

あわせて読みたい記事

台北ツアー で おすすめ 情報をゲット

台湾夜遊び事情

台湾夜遊びは慎重に!

台湾夜遊び

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA